忍者ブログ

無題

さらに一日経って。
とてもきもちわるい長文だ




回想からの情報を元に描かれたイラストとか漫画とか短編小説とかたくさん見られて
すごいかわいいのがたくさん見られて、ああかわいいなあと思う

思うんだけど、やっぱりなんだか…
一昨日までうちの本丸にいた「うちの初期刀」が突然消えてなくなってしまったように感じた
それが抜けなくて…

歌仙兼定を何振りも育てていてまだレベルの低いものもいて、
初期刀が「歌仙さん」と思ってきたもので、回想の子供みたいな歌仙くんはまだ育て途中の一振り
なのだとすっぱり分けて考えられたらそれはそれでいいだろうに。

何振りも育てていてもそれぞれ別個とはっきり認識していたわけではないようで、
そしてゲームのあの本丸にいるのがうちの初期刀で、
血道を上げて作ったMMDモデルはあくまでその似姿くらいのもので
ゲームに追加があったならそれは今までは見られなかった一面なのだ
っていうのがやっぱり私の解釈なんだろうかなあ…


今日、兼定の手合わせ会話の終了時のも見られて
ああ、追加が内番だけだったらどんなに楽しくいられただろうとか思ってしまった

それか、兼定なり細川なり、コンビでもCPでもいいけどセットで愛でてる状態だったら
とくに兼定で愛でてたんだったら、この内番会話でおなかいっぱいになって
他は些細な事として流せたようなきもする
兼定コンビでもCPでも好きだけど、やっぱりハマり方として単キャラハマりなので
内番で押し流すまではいかないようだ…


やっぱり回想が飲み込めないでいる…
こう…「最初からこの回想があったらきっとはまらなかった」
って思っちゃったのがこれまた抜けないっていうか…

今までの解釈と差がなかった人、自分にオイシイ解釈をできるタフな人がうらやましい
結論を急がないようにしようと今すごくブレーキかけてる

なんでこんなに好きになったのかわからないと思ってたけど
かわいいなと思うのになんでこんなに飲み込めないのか…無理かもしれないって思うのにも
理由はないのかもしれないとか…
なんだか今日とてもつらい

飲み込めないって唸ってるのを気にかけてくださる方たちに感謝をしつつ…


そもそも、歌仙兼定の内面的な部分についてって
情報が少ないのもあって考えても全然わからない、
同じく情報が少ないとはいえまだ考察できそうなガワの部分を
徹底的に考察して、そして考察に幅ができた部分は自分の好みで埋めて、
そうしてあのモデルを作ったのだった。
好きだなあとは思いつつ他にやれることもなかったので。

だから、「うちの歌仙はこう」なんて考察ははっきりいって大してないはずなんだ
それなのに、どうしてこんなにショックを受けているんだろう
思ってたのと違った…っていう放心すごいんだけど

いろいろ、上手い解釈してる人を見たり、かわいい二次創作を見たりして心なごませてもらいつつ…
「うちの本丸はうちの本丸」っていうのが今回は悪く働いているんだたぶん。
お他所でそうであっても、うちで飲み込めるかはまた別でしかない…今日のところ。

思ってたのと違かろうがなんだろうが、これが、公式から提示されてる歌仙兼定なんだ…


ああでも、この回想の、幼げでまずい言動しちゃってる歌仙くん、
箱入りで大事にされてきて、でも狭い世界にしかいなかったみたいな歌仙くん、
この子を手元に置いて、そんなこと言ったら駄目だよとか矯正しつつ、
大事に育てていったら、かわいいんだろうなあ…

でもでも、これは昔なじみに甘ったれる姿や、気が合わなそうな相手へ威嚇しちゃう(っていうのともちがうかなあ)姿であって、審神者の前にいる時には、今まで「歌仙さん」と思ってきた様子なんだよ…
なんだろう、それを寂しく思うなんて。
一人で置いといても安心してられそう、野鳥を眺めるのと同じように遠くから見ていたいと思っていたのになあ
なんかもう全体的によくわかんない



Twitterでもさんざん唸ってるわけだけど、
やっぱりこういうときにはブログ持っておいてよかったなあって。
ここがホームだ…
ここまで弱気になってる半泣きなもの、Twitterにはなんだか書けないや…

拍手[2回]

PR